ここが大切!フリーエンジニアとして成功するためのポイント

高給取りフリーエンジニアへの道

自分の価値は高く売れ!高額収入フリーエンジニアになろう!

最新記事

特集記事

フリーエンジニアとして成功するには?

フリーエンジニアとして成功するには?

フリーエンジニアは、個人事業主。いわゆる「ひとり親方」です。フリーエンジニアとして成功するためには、エンジニアとしての技術スキルを磨き実績を積み重ねることはもちろんですが、フリーエンジニアの需給状況をキャッチして臨機応変に対応するビジネスセンスのようなものも必要です。また、自分自身の価値を必要以上に安売りしない毅然とした姿勢も、成功するための重要なポイントです。

フリーエンジニアとして成功するには?の記事一覧

フリーエンジニアの需要と供給

フリーエンジニアの需要と供給

フリーエンジニアの年収は、様々な要素に左右されています。その一つが、実績です。フリーエンジニアにとって実績はパスポートのような身分証明アイテムといっても過言ではありません。実績豊富なエンジニアの方が高単価の仕事を確保しやすいので、日頃からスキルアップに努めることが大切です。コミュニケーション能力に自信のある方は、システムエンジニアを目指すという手もあります。また、物価の高い都市部ではフリーエンジニアの収入もアップしやすいという特徴もあります。年収アップを目指すなら、都市部で活動したほうが効率的といえるでしょう。

地方でもフリーエンジニアとして成功出来る!

地方でもフリーエンジニアとして成功出来る!

フリーエンジニアが地方に移住するメリットは、自然の中で子育てが出来たり、物価や家賃が安くて住みやすい環境を選べるという点です。その一方で仕事のパイが小さくてそうでなくても奪い合いをしている状態に参入するため、価格競争に陥ることになりかねません。従って人脈があるのであれば活用しない手はありませんし、その地方に腰を据える覚悟で地元の人と少しずつ信頼関係を築いて行くことも大切です。その一方でネットを介したエージェントサービスによってクライアントを捜すという方法もあります。大手企業から小規模の会社まで、様々なクライアントがエンジニアを捜しているのです。

フリーエンジニアのための下請法

フリーエンジニアのための下請法

フリーエンジニアが仕事を受注する場合に、書面で契約書を交わすということはあまり多くはありません。一般的にいっても日本の商慣習上口約束がほとんどという実情もあるのですが、それで報酬を支払ってもらえなくて泣き寝入りすることになるのは、立場の弱いフリーエンジニアの側です。もっとも下請法の対象範囲が拡大してフリーエンジニアのコンテンツ作成なども保護されるため、資本金額1000万円超の事業者がクライアントの場合には契約書を交わさないで発注するのは違法です。それに限らず仕事の依頼内容を巡って後々もめるのを避けるためには、合意内容を簡単でも文書にして双方で確認し、報酬見積りも必ず提示する工夫が必要です。

ピックアップ一覧