場所に縛られないのもフリーエンジニアの魅力!地方で成功するためのコツ

高給取りフリーエンジニアへの道

自分の価値は高く売れ!高額収入フリーエンジニアになろう!

最新記事

特集記事

地方でもフリーエンジニアとして成功出来る!

場所を選ばない働き方

情報化社会の強みの一つは、どこにいても同じ情報にアクセスできて、地方と都会の差が無くなることでしょう。しかしだからといってITエンジニアがフリーランスになって地方に移住しても、すぐにも都会と同じだけの活躍の場があると言えるわけではなさそうです。まず地方に住むメリットは、都会に比べて物価も安くて家賃も安く、住みやすいことでしょう。小さな子供がいる場合には、豊かな自然環境の中でのびのびと子育て出来るということも、大きな魅力です。一方でフリーエンジニアの仕事の単価が安くなるのも、同じく地方の特徴です。元々地方では限られた仕事を取り合っている状態であり、小さなパイを大きくすることができなければ、価格競争でどんどん自滅するしかなくなります。従ってフリーランスであれば必要な人脈が、特に大切になるのです。地方に居ても都会で培った人脈があれば、後の仕事はどこで行っていてもそれほど違いは無いでしょう。しかし最初の仕事を受注する段階では、格段に違うというわけです。また地方は一般的に保守的です。地方出身で都会からUターンしたのではない限り、新参者には中々打ち解けないものであることを理解して、時間をかけてゆっくりと信頼関係を築く努力が必要です。日常的な付き合いを続けるうちに、それが仕事に結び付くようになるでしょう。

人脈に代わるエージェントサービス

さて実際のところフリーエンジニアとして仕事を受注するには、人脈だけでは中々難しいものです。都会に居ても営業のためには、専門のエージェントを利用している人も少なくありません。エージェントが少ない地方では、話題のクラウドサービスなどを利用して顔の見えない相手とネット上での受発注によって仕事を獲得しようとするエンジニアも少なくないようです。クラウドサービスも使い方によっては便利で重宝するサービスですが、支払いの段階で逃げられるなどのトラブルも無くはないようです。ところで、最近では、地方にいてもインターネットを介してエージェントサービスに登録できることをご存知でしょうか。フリーエンジニア専門の老舗大手エージェントであるレバテックフリーランスは、WEB上でフリーエンジニアの登録を受け付けています。登録が済むと、登録内容に応じてマッチングする案件を紹介してもらえる仕組みになっています。エージェントが間に入ってくれることと手厚いサポートを受けられることがクラウドソーシングサービスとは一線を画するポイントです。地方で仕事を獲得したいフリーエンジニアは、インターネットを駆使して便利なサービスを活用することで高額案件を獲得していくと良いでしょう。
【詳細はこちら】

ピックアップ一覧